お金がないけど何か習わせたい!安くておすすめな習い事情報

子育てにはお金がたくさんかかります。

妊娠から出産はもちろん、赤ちゃんが立って歩くようになれば、周囲の子供たちもいくつか習い事をやり始めるようになります。

昔は小さい子供の習い事はどんなものがあったでしょうか。

習字にそろばん、ピアノやスイミングが主だったものです。

今でもこれらの習い事は人気で、あちこちに教室があります。

しかし、現代ではジャンルはもっと多岐にわたります。

右脳教育と言って潜在能力を幼い頃から引き出し天才の脳を育てる教室や英会話教室、ダンスにサッカーに野球などを中心に様々です。

しかしそれらは子育て主婦にとってとにかく高額です。

教材や道具をそろえるだけでも数万円はします。

最近の親は子供に幼稚園児の時代から多くの経験をさせてやりたい気持ちが強く、また私立小学校の受験などを見据えて様々な習い事をさせるようになりました。

しかし一つ一つはさほどではなくても、重なれば必然、月謝の出費は高くなります。

子育て主婦の中には無理して習うことはないのではないか、と思う人もいますが周囲が次々にスケジュールを埋めていくと、やはり焦ります。

しかし教育費は子供が大きくなるにつれ必要になるので、小さいうちは安い習い事を探してみることをお勧めします。

スポーツ系なら地元のサッカークラブや野球チームなどがありますが、小さいうちは試合にも参加できないので、ユニフォームもそろえなくていい体験などを利用してみましょう。

心身ともに厳しく鍛えたいなら空手がありますし、決まった教室ではなく小学校の体育館などを借りて教室を開いているところもあり教室代もそれほど高額にはなりません。

こういった情報は、地元のフリーペーパーや公民館、または市の広報に案内が出ています。

また幼児期のリトミック教室などは保健センターなどで随時開催されていることがあるので、参加費数百円からの金額で参加できるのでおすすめです。

自治体によりますが子育て支援センターや児童館があるなら積極的に足を運んでみましょう。

七夕や水遊びなど季節ごとの遊びが保険代だけで体験することが出来ます。

同じよう月齢の子を持つ子育て主婦同士で仲良くなれば多くの情報が得られます。

お金がなくても何か習わせたいと思う子育て主婦は実は世の中にたくさんいます。

体を動かす習い事や子供向けの将棋や習字の教室は公民館や児童館などの広報で見つけることが出来ますし、英会話や勉強系ならば通信教育でも安く取り入れることが出来ます。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です