思春期の子持ちママは要チェック!お小遣いの正しい決め方

子育て主婦の悩みの一つに、子供のお小遣いの額をどれくらいにすればよいかという悩みが多く見られます。

小学校低学年であれば、それほど自分でお金を使うこともあまりないので、必要なものがあるときに必要な分だけ渡すという形をとっている家庭も多いでしょう。

しかし思春期に差し掛かると、お友達同士で休日に出かけたり、女の子はおしゃれにも目覚め始めるでしょう。

そうなると、まとまったお金額も必要になります。

基本的にお小遣いの相場というものは、地域によっても異なるので何とも言えないでしょう。

金額の正しい決め方は、はっきり言うと正解はないといえます。

しかし人間は面白い生き物で、自分よりもお金を持っている人を見るとうらやましいと思い、お金がない人を馬鹿にするような傾向があります。

そのため一緒に遊ぶ子供たちのを小遣いの金額と同じくらいのお小遣いを与えるのが、正解だといえるのではないでしょうか。

同じ子育て主婦に相談してみると、同じような悩みを持っている人が実は多くいるものです。

同じ子育て主婦に、いくらぐらいの金額を渡しているのかを聞いてみて、同じくらいの金額をあげるのもよい方法だといえます。

金額の相場は地域によっても異なりますが、中学一年生で、都市部の場合には500円から1000円、地方の場合には約500円、中学二年生で都市部では約1000円から2000円、地方の場合には500円から1000円、中学三年生になると都市部では約2000円から3000円、地方では約1000円から2000円ほどが平均となっています。

そもそも小遣い制にするかどうかということで迷う人もいるでしょう。

これにも正解はないといえます。

しかし小遣い制にすることで、自分がいくら持っていて、この1か月でいくら使えるのかを勉強しなくてはなりません。

もしもお金をもらってすぐにお金を使い過ぎてしまうと、その月にはもうお金を使うことができません。

これは将来働くことになった場合のお給料をもらった時と同じことが言えます。

そのため思春期のころから、小遣い制にすることで、将来破産をしないようにやりくりすることが身につくことにもなるでしょう。

そして単にお小遣いをあげるのではなく、お金を稼ぐ方法を与えるという方法もあります。

必要な時にお金がなくなると、万引きをしたり、友達にお金をたかったりする可能性も出てきます。

これは子育て主婦としてはどうしても避けたい状況です。

こうならないためにも、風呂掃除や食器洗いなど、お金を稼ぐ仕組みを作ってあげましょう。

そしてテストの成績が良かったら、お小遣いを増やすという方法もお薦めと言えます。

頑張ればお金がもらえるという仕組みを作ってあげると良いでしょう。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です