お小遣い

よその母はいくらあげてる?今どき中学生のお小遣い事情

一人目の子供を授かり、子育ては大変ながらも楽しく日々を送っていました。

幼稚園の頃はお小遣いはもちろん必要ないし、一緒に買い物に行ってお菓子やおもちゃを買うことが当たり前でした。

どこの家庭でもそうかなと思いますが、小学生になるとお小遣いが必要になるかなと思うのではないでしょうか。

私も同じで、お小遣いをあげようと思い最初は百円からスタートしました。

毎月いくらあげるのが正しいのかなということも特に考えず、小学生の時には百円から五百円になり、最終的には千円毎月あげて、あとは必要な時に渡すという感じでした。

困ったのが、中学生になった時です。

親からするとまだ全然子供ですが、本人としては子供というよりも一人の人間としてしっかりしようという時期だし、友達との付き合いもあるし、よその家庭ではどうなっているのかなと考えるようになり始めました。

子育て主婦としてしっかりとしたいと思いましたが、子育て主婦といっても一人目だしわからないこともたくさんあるので、子供を三人育てた近所の人に聞いてみることにしました。

その人は、なんと小遣いはあげていなかったといったので最初はかなり驚きましたが、欲しい時に何で必要なのかを聞いてあげていたといっていたので、確かにそれも一つだなと思いました。

その後周りの人にも聞いてみましたが、家庭ごとにかなり違いがあることがわかり子育て主婦といっても親もまだまだ学ぶことがあるんだなと改めて感じることができました。

考えた結果、毎月三千円ということで話がまとまりました。

子供にも伝えたところ、喜んでいたのでやはりまだまだ子供だし可愛いなと思いました。

でも三千円稼ぐだけでもアルバイトをしたら三時間は働かなくてはならない計算になるし、そのこともまたアルバイトができる年齢になったら感じてくれたら嬉しいなと思いました。

お小遣いのことてこんなに悩むことになるとは思ってもみなかったし、子育て主婦としてまだまだ未熟だなと思いましたが、悩むのも子育ての楽しさの一つかなと思います。

今は中学一年生なので三千円ですが、学年が上がって行くとお小遣いをアップさせるというのが自然な流れかなと思うので毎年どれくらいアップさせれば良いのかなというのが、今の悩みの一つになっています。

毎年五百円ずつアップにするべきか、千円アップさせるべきか悩むところですが、周りの様子と子供の様子を見ながら決めていこうかなと思っています。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です