教育ローン

手を出す前に理解しておきたい!教育ローンのメリットとデメリット

子育て主婦にとって、子供の教育費は頭を悩ませるもののひとつであるといえます。

できれば大学にいかせてあげたいけれども、なかなか家計が苦しくてと悩んでいる子育て主婦は多いでしょう。

将来のことを考えて、学資保険を契約したり、自分で貯蓄をしたりと、いろいろ考えている子育て主婦も多いかと思いますが、大学などへの進学となった場合には、入学金だけでも数百万円も必要になることもあり、一般家庭にとっては非常に痛い出費となるでしょう。

しかし将来のことを考えると教育は決して外すことができないものであり、子育て主婦にとって経済面と子供の幸せを考える必要があり、大きな悩みとなるものです。

奨学金を利用するという方法も一つの手段となるでしょう。

しかし学校を卒業した後に、社会人になってから、本人が返済をしていかなければなりません。

そのため、奨学金の返済ができなくて、悩む人が増えていることから、奨学金の利用をちゅうちょしてしまう人も多いものです。

そこで、経済的に無理することなく、長期間にわたり分割で教育費を支払うことができる教育ローンというものを利用する方法が挙げられます。

銀行や信用金庫だけでなく、国や民間企業からも様々な教育ローンが提供されています。

近年ではインターネットで利用できるものもあり、このようなものを選ぶことで、一切外出することなく、すべての借り入れ手続きをインターネット上で可能にしているものもあります。

しかし便利だからと言って、簡単に手を出すことは危険です。

どんなものにもメリットとデメリットが存在するので、それらをよく理解したうえで、納得してから利用する必要があるでしょう。

教育ローンの主なメリットは、低金利でお金を貸してもらえることです。

一般的なカードローンや住宅ローンなどと比べると、金利が安く設定されているといううれしい面があります。

これには子育ては非常に大切なことであり、子育てにかかるお金は安い利息で貸してあげようという、金融機関の思いが感じられます。

しかし低金利で借りることはできますが、利用できるのは学費など教育にかかるお金だけと厳しく決められています。

教育ローンには、国の機関が提供しているものと、民間企業が提供しているものがあります。

国の機関が提供しているものの方が低金利ですが、必ず連帯保証人が必要になります。

銀行や民間企業の方では連帯保証人は不要という場合が多く見られます。

そしてこの二つには融資上限金額が違うということもあげられます。

国の場合には一人の学生につき最大で300万円までと決まっていますが、民間企業の場合には最大で1000万円まで借り入れすることも可能です。

またデメリットとしては返済がすぐにはじまるということが挙げられます。

学校に通っているうちから返済が始まるので、そのことをよく考えてから利用するようにしましょう。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です