家賃も食費もすべて私負担!働かない旦那を働かせる方法

子育て主婦の中には、旦那が働かないということで悩んでいる人も多いでしょう。

旦那が働かないということは、家賃も食費もすべて子育て主婦である自分が負担しなければならないということです。

世の中にはさまざまな家庭の形が存在し、中には旦那が主夫となり家事や子育てに専念し、女性が外に働きに出るというケースも多く見られます。

この場合、夫婦が共に納得し合ってそういう形をとっているのであれば問題ないでしょう。

しかし主夫とはならず、家でだらだらと過ごしていたり、子育て主婦が仕事も家事も子育てもすべてを負担しているのであれば、問題となるでしょう。

そもそも働かない旦那にも、さまざまな種類が存在しています。

まずは定職についても続かないタイプです。

これは子育て主婦や家族を一番いらだたせるタイプであるといえるでしょう。

定職に就いたとしてもすぐに、自分にはもっと向いている仕事がある、自分の能力をわかってくれないなど、まるで自分のせいではなく会社や周りが悪いというセリフが出るという特徴があります。

一緒にいる家族としては、そのようなことばかりを発言し、お金を家庭に入れないことに、不満がたまる一方となるでしょう。

最終的には離婚に発展してしまうケースも多く見られます。

そして夢を追って定職につこうとしないタイプが挙げられます。

例えば俳優になりたい、歌手になりたいなど大きな夢があり、定職に就くことができないタイプです。

夢に向かって一生懸命になっているので、そもそも働いて稼ぐことができないのです。

稼ぐどころか、学費や習いごとなどの支出が多くなり、家族を悩ませる原因にもなります。

三つ目のタイプは、心の問題などによって働くことが難しいタイプです。

この場合、病気や心の問題が癒えるまでは働かせることは難しいといえます。

病院などに通いながら、妻がサポートするしかないでしょう。

働かない旦那を働かせる方法としては、妻の力量が試されることにもなります。

定職についても続かないタイプへの対処法としては、まずは褒めることが大切です。

褒めることで、何とか新しい会社に就職できるようにおだてるようにしましょう。

そして無事に会社に就職が決まったら、この会社であなたの魅力が開花した、今までにはない素敵な目をしているなどのように、わざとらしいぐらいの褒め言葉を与えてみましょう。

男性はとても単純な生き物なので、こんなことでもやる気がみなぎってくるものなのです。

そして夢を追っているタイプには、夢以上に大切と思わせるものを気付かせることが大切です。

その多くは子供の存在と言えます。

また旦那が目指しているモデルケースとなる人物のまねをさせることも一つの手段です。

この役者は、売れないころは会社で一生懸命働きながら俳優を目指していたという人を見つけると、考えが変わる可能性も出てきます。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です