クレジットカード

いつもマイナスなら要注意!主婦が気をつけたいクレジットの活用法

専業主婦でもクレジットカードを持っている人はたくさんいます。

それが旦那さん名義の家族カードだったり、独身時代に作ったクレジットカードだったり、契約状況はそれぞれ異なります。

クレジットカードは後払いにすることができる便利なアイテムですが、利用金額を気を付けないと知らない間に収入よりも支出が多い、マイナス状態になってしまうことがあります。

どのような使い方をすれば賢い買い物ができるのでしょうか。

カード払いにすることで家計簿をつけなくても明細を確認することができるので、子育て主婦にとってお金の管理が簡単になります。

また、利用代金の数%がポイントとして還元されるものも多く、現金払いよりもメリットがあります。

子育て主婦の中にもポイントを貯めるのを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

ポイント制度自体は悪いものではありませんが、ポイントを貯めるために大きな買い物をしてしまうのは危険です。

一括払いの場合はその代金を翌月、もしくはその次の月には支払いをしなくてはなりません。

十分な預金があれば一括払いでも問題ありませんが、カード払いではお金を使っている感覚がなくなってしまい、必要以上に使ってしまう危険性もあるのです。

そして何より気を付けなくてはいけないのがリボ払いです。

毎月の負担を一定にできるリボ払いは、限られた収入の中でやりくりをしている子育て主婦には便利な機能に思えるかもしれません。

しかしリボ払いでは15%近い高い金利が設定されているものも多く、使った金額以上の支出になってしまうのです。

15%という金利は、銀行や消費者金融からお金を借りているときの金利とほとんど変わりません。

金融機関によってはもっと低い金利で組めるカードローンもありますので、ショッピングリボのほうが負担が高いケースもあります。

リボ払いが絶対に悪いというわけではありませんが、頻繁に利用することは避けましょう。

一括での返済が厳しい場合は、ボーナス一括払いや、2分割での支払いにするようにしましょう。

これらの支払方法では手数料が発生しません。

子育て主婦にとって上手に使えばクレジットカードは便利なアイテムですが、活用方法を間違えれば家計を苦しめる原因になります。

毎月支払額が収入を上回る状態であれば、それは貯金を切り崩していることになります。

そのような状態を長く続けることは困難ですので、早い段階で支出の見直しを行い、マイナスにならないように工夫をしましょう。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です